永田 龍彦(日本風力エネルギー学会個人会員)
小間番号
RA-10
所在地 〒350-0165 埼玉県比企郡川島町中山1401-7
Tel 0492-98-5102
Fax 0492-98-5102
E-mail tatsuhiko.nagata@hb.tp1.jp
出展のみどころ ① 全地球表面面積の60%以上を占める200mより深い海域に於いては浮体式洋上風力発電システムに為らざるを得ない。然も500mより深い海域に於いては、風車を連結する事が必須となる。
② 風車を低コストで安定的に連結する場合を考えると、水平軸風車の使用は、色々と問題がある。例えば、水平軸風車の偏荷重やヨー駆動の必要性である。
③ 筆者は約10年前から浮体式洋上風力発電システムに要求される仕様を色々と検討した結果、跳ね上げ方式垂直軸風車を提案するに至った。
④ 跳ね上げ方式垂直軸風車の特徴は毎秒3m位の弱風から毎秒80m位の烈風に於いてもブレーキ等を使用して回転を止める事が無く、発電を継続出来る事である。
⑤ 更にフレキシブル並行四辺形として結合した風車タワーを平面的には三角形に結合する事により、大きな波が来ても風車タワーの垂直性が維持され易い事が確認出来た。
⑥ この風車が浮力構造体上に設置された場合を考えると強風によって跳ね上がると受風面積が小さくなり風車タワーを倒す力が小さくなる。更にジャイロ効果により倒れ辛く為る事が期待出来る。今回はその検証の一部を報告したい。
主な出展製品

跳ね上げ方式直線ダリウス垂直軸風車の
跳ね上げ動作デモ

浮体式洋上風力発電システムの提案及びデモ

カテゴリー
  • 風力
  • 水素・燃料電池
  • 海洋エネルギー
  • エネルギーネットワーク